腰痛に効くと評判の薬特集TOP > 腰痛Q&A > 車の運転に腰痛はつき物!?腰の負担を減らすシートへの座り方とは?

車の運転に腰痛はつき物!?腰の負担を減らすシートへの座り方とは?

車の運転をしていると腰が痛くなってしまいますが、どうしてシートに座ると腰が痛くなるんでしょうか?
腰痛の原因を探りながら、腰痛に効果的な運転姿勢や座り方のコツを詳しく解説します。

なぜ車の運転で腰痛になるの?

長時間車の運転をしていると、必ずといっていいほど腰痛になってしまいますね。

どうして車の運転で腰痛になってしまうのかというと、シートへの座り方や座り姿勢が悪くて腰に負担がかかったり、血流が悪くなっているからです。

こうした腰への負担を軽減することで、車の運転による腰痛の改善&予防はできるので、正しい座り方を知って、実践することが大事ですね。

腰痛にならない座り方とは?

長時間車の運転をしても、腰痛にならない人っていますよね。
なぜ腰痛にならないかというと、車の運転中、正しい姿勢でシートに座っているからです。

車の運転をしている時は、シートの奥の方までお尻を入れ背もたれを倒し過ぎず、自然な状態でハンドルが握れるポジションにすることで、腰への負担が少なくなります。

また、片手でハンドルを握って運転している方もよく見ますが、片方の腕だけ突き出す形になってしまい、お尻の向きと上半身の向きがズレ、腰の部分でねじれた状態になるためNG。

腰痛持ちの人が車の運転をする時は、腰への負担を少しでも軽減できるよう、正しい座り方を実践するようにしましょう。

座り方の注意点

車の運転をして腰痛になってしまうかどうかは、シートの座り方にかかっています。

シートに浅めに腰かけて、前かがみになるような姿勢で車の運転をすると、腰痛を招いてしまうんです。
深めに腰かけて背筋をまっすぐに伸ばすことで、腰痛を予防することができます。

車の運転をする時には、座り姿勢に注意することが腰痛を予防するコツだから、車に乗る時は座り方を意識しましょう。

車の運転に腰痛はつき物!?腰の負担を減らすシートへの座り方とは?に関連するコンテンツ一覧

  1. なぜ更年期に腰が痛くなるのか?腰痛と更年期障害の関係性とは?
  2. なぜ妊娠初期からずっと腰が痛いのか?腰痛と妊娠・出産の関連性!
  3. 生理前になると腰が痛くなるのはなぜ?生理と腰痛の意外な関連性!
  4. なぜ太りすぎると腰が痛むのか?肥満と腰痛の知られざる関連性とは?
  5. 寝るときには腰痛はつき物!?腰の負担を減らす寝方のコツと注意点!
  6. 車の運転に腰痛はつき物!?腰の負担を減らすシートへの座り方とは?
  7. デスクワークに腰痛はつき物!?腰の負担を減らす椅子の座り方とは?
  8. 椎間板ヘルニアの原因とは?知らなかったでは済まない効果的な対処法
  9. 腰痛?坐骨神経痛?関節痛と神経痛の原因・症状の違いを徹底調査!
  10. サプリメントでは絶対に治りません!サプリが腰痛に効かない理由!
  11. 腰痛はお風呂に入ってもいいの?効果的な入浴方法とかってあるの?
  12. 冷シップか温シップどっちが腰痛に効果的?温める冷やすを徹底調査!
  13. ぎっくり腰に前兆はあるのか?知らないと損する応急処置の方法とは?
  14. 整形外科?カイロプラクティック?腰痛の治療は何科に行けば良いのか

腰痛によく効く薬

腰痛と運動

腰痛Q&A

腰痛に良い成分