腰痛に効くと評判の薬特集TOP > 腰痛Q&A > ぎっくり腰に前兆はあるのか?知らないと損する応急処置の方法とは?

ぎっくり腰に前兆はあるのか?知らないと損する応急処置の方法とは?

ぎっくり腰ってどんな病気なんでしょう?何か前兆はあるのでしょうか?
ぎっくり腰の原因や症状を検証しながら、実際になってしまった時にはどんな応急処置をすれば良いのか、詳しく解説します。

ぎっくり腰ってどんな病気?

ぎっくり腰は突然起こってしまうことで知られていますが、ぎっくり腰にも原因や前兆があるのでしょうか?

ぎっくり腰は、激しい運動や何かのはずみで起こってしまう、腰の筋肉の肉離れや腰椎捻挫のことで、運動不足が原因になっていることが多いようです。

ぎっくり腰には前兆があるので、自覚症状をよく知って予防するように心掛けましょう。
前兆だけではなく、応急処置法も覚えておけば安心ですよね。

ぎっくり腰の前兆とは?

ぎっくり腰って急なトラブルだと思いがちですが、実は前兆があるんです。

ぎっくり腰の前兆として表れる自覚症状は、軽い腰の痛みやツッパリ感、寝返りで痛みを感じる、足の裏がしびれるなどなど、様々な症状があるのです。

こうした不快症状があるのならば、ぎっくり腰の前兆かもという危機意識を持ち、ぎっくり腰になった時の応急処置についての情報も集めておきましょう。

ぎっくり腰の原因は運動不足によるところも多いので、予防できるように普段から適度な運動を心掛けましょう。

応急処置の方法

前兆を知って予防することも大事ですが、ぎっくり腰になってしまった時の応急処置の方法を知っておくことも大事ですよね。

ぎっくり腰になったら仰向けに寝ころび、膝を曲げたり、クッションで膝を高くして安静にするのが一番です。
ぎっくり腰の前兆が表れた時のために、炎症を抑えるための冷湿布を用意しておくと良いかも。

こういった前兆や原因などをよく知り、予防するのがベストですね。

ぎっくり腰に前兆はあるのか?知らないと損する応急処置の方法とは?に関連するコンテンツ一覧

  1. なぜ更年期に腰が痛くなるのか?腰痛と更年期障害の関係性とは?
  2. なぜ妊娠初期からずっと腰が痛いのか?腰痛と妊娠・出産の関連性!
  3. 生理前になると腰が痛くなるのはなぜ?生理と腰痛の意外な関連性!
  4. なぜ太りすぎると腰が痛むのか?肥満と腰痛の知られざる関連性とは?
  5. 寝るときには腰痛はつき物!?腰の負担を減らす寝方のコツと注意点!
  6. 車の運転に腰痛はつき物!?腰の負担を減らすシートへの座り方とは?
  7. デスクワークに腰痛はつき物!?腰の負担を減らす椅子の座り方とは?
  8. 椎間板ヘルニアの原因とは?知らなかったでは済まない効果的な対処法
  9. 腰痛?坐骨神経痛?関節痛と神経痛の原因・症状の違いを徹底調査!
  10. サプリメントでは絶対に治りません!サプリが腰痛に効かない理由!
  11. 腰痛はお風呂に入ってもいいの?効果的な入浴方法とかってあるの?
  12. 冷シップか温シップどっちが腰痛に効果的?温める冷やすを徹底調査!
  13. ぎっくり腰に前兆はあるのか?知らないと損する応急処置の方法とは?
  14. 整形外科?カイロプラクティック?腰痛の治療は何科に行けば良いのか

腰痛によく効く薬

腰痛と運動

腰痛Q&A

腰痛に良い成分