腰痛の原因とは?

腰痛って、座たり寝たり立ったり・・どんな姿勢をしてもラクにならないからツライですね。
でも、どうして腰痛になるんでしょうか?

加齢や運動不足で筋力が低下したり、長時間の運動やデスクワークなどで筋肉が疲労することによって、腰痛を引き起こしてしまうことが多いようです。

また、骨格のゆがみや、血行不良が原因で腰痛になってしまうことも・・・

腰痛の痛みは薬で一時的に抑えることも可能ですが、それよりも腰痛の原因を知り、その原因に合わせた改善法で根本的に治していかないと意味がないですよね。

腰痛持ちが増えている理由は?

腰痛持ちの人って増えているようですが、その原因としては、長時間座ったままパソコンをする人が増え、腰に負担をかけることが多くなったからなんだとか。

腰痛持ちが増えた原因は、座り姿勢だったんですね。
座っている時って立っている時に比べて、腰への負担が30%も余分にかかってしまうそうです。

腰痛の痛みは薬で抑えることもできますが、それはあくまでも対症療法なので腰痛の解決にはなりません。

デスクワークで長時間座ったままの姿勢でいることが多い人は、腰痛の原因である腰への負担を少しでも軽減できるように、間に何度か休憩を入れて姿勢を変えるなど工夫が必要です。

腰痛になったら?

腰痛の原因って、腰に負担のかかる姿勢や歪み、冷えなど色々あるようですね。

腰痛の原因が分かったとしても、すぐに腰痛を改善することはできませんが、腰痛に効く薬で痛みを緩和することはできますよね。

慢性の腰痛なら温湿布で温めるというのも有効ですが、もしぎっくり腰のように急性の腰痛の場合は、温めるのではなく冷湿布で炎症を抑えることが大事なんだとか。

腰痛の原因によって対処法は違ってくるので、湿布や薬を使う時は気をつけましょう。

更新履歴

腰痛によく効く薬

腰痛と運動

腰痛Q&A

腰痛に良い成分